寝癖によるうねりを防ぐ方法

スポンサーリンク

寝癖がついてしまうと朝から大変な思いをするものです。
手入れをせっかくしても戻ってしまったり、友人とのお出かけや、デートの時など、早く寝癖やうねりを解消したいと思うものです。
そんな大事な場面でヘアスタイルを維持できるように、普段から気をつけておきたいものです。
まず、癖を残さないためには、前日のシャンプーで、しっかりタオルドライし、ドライヤーなどで乾かしておくことです。
少しでも濡れた状態にしておくと、寝癖がつく原因になります。
また、朝凄くうねってしまった場合などは、下手にスタイリングをするよりシャワーを使って洗髪したほうが早い場合もあります。
根本から髪をぬらすことで、癖を完全に落ち着かせることができます。

スポンサーリンク

シャワーなどを使って洗う暇がない場合、寝癖直しなどの整髪料を使うことです。
種類はいろいろありすが、寝癖直しウォーターなどの名前で販売されています。
朝忙しい時に、このような整髪料を使って充分に根本まで濡らし、しっかりと櫛やコームで髪を整えた後、温めた蒸しタオルなどを使って少し置いておきます。
そして髪を落ち着かせた後に、ドライヤーなどを使って癖を直していきます。
また、最近は高温のコテなどが量販店で売っていますので、それを購入して伸ばす方法もあります。
コテを使った時は、洗い流さないトリートメントなどでケアしておくと髪も艶が出て綺麗になります。
こようにいろいろな癖なおしの方法はありますが、普段から髪のお手入れをすることによって、癖を起こりにくくさせることも大事です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加