意外とはねてしまう子供の髪の毛ー寝癖をどうするか

スポンサーリンク

子供の髪の毛は大人の髪の毛と違って、細くて健康なのでキューティクルもはがれることなくきれいです。
ですからつるつるして美しいのです。
ご家庭によりますけれど幼児期くらいまでは親御さんがシャンプーした後は髪の毛をタオルドライして、ドライヤーで乾かしていらっしゃると思います。
たいていお風呂も一緒に入り、髪の毛もまだ自分だけでは十分に洗えないので洗ってあげていると思います。
そのうち、兄弟がいたりしますと自立心が芽生えて来て自分で何かしらしたがるようになります。
幼稚園でも一人で着替えたり、園の中で係や当番などの義務も与えられて自分でできることが増えますと、シャンプーやドライヤーなどにも挑戦したがるようになります。

スポンサーリンク

こういう集団生活に入りますと、朝の時間が限られてきます。
このあたりから子供の髪の毛にしばしばかわいい寝癖がついてしまうことがあります。
原因は前日の髪の毛の乾かし方が足りない、湿ったままで髪の毛を放置し眠たくなってそのまま寝てしまうことです。
体を使ってよく遊んだりスポーツ教室で汗を流したりしますと子供はすぐに眠ります。
または寝相が非常に悪い子供でうつぶせ寝してしまうお子さんなどは前髪がアニメの人物みたいになってしまいます。
鏡を見て自分で気にするようになるのが小学生に入ってからです。
友人に指摘されたりするのでとりあえず水で濡らしてみる、ドライヤーをあてて真っすぐになおす。
鏡を見て家でチェックして嫌がるようになりますと、ドラッグストアの寝癖をとるスプレーなどでドライヤーをあててなおすなどがおすすめです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

意外とはねてしまう子供の髪の毛ー寝癖をどうするか関連ページ

乳児のうちの寝癖について