効果的な「寝癖」の予防法

スポンサーリンク

誰でも一度は朝起きたときの寝癖に悩まされたことがあるのではないでしょうか。
忙しい朝の寝癖ほど厄介なものはありません。
一度ついてしまった髪の毛の癖はなかなか元に戻すことは難しく、スタイリング剤やドライヤーなどを用いて時間をかけてセットしなければなりません。
ただでさえ忙しく時間の余裕のない朝に、そのような手間をかけるのはできるだけ避けたいものです。
 そのためには、夜寝る前のヘアケアが重要となってきます。
寝癖がついてから直すのではなく、つく前にそれを最小限に抑えようという考え方です。
それでは、具体的にどのような寝癖の予防法があるのでしょうか。
以下、髪の長さ毎に具体的な対策方法を解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

 まずは、髪の毛が長い人の場合について。
前日の夜の入浴で濡れた髪をよく乾かさないままで寝てしまうと、とても寝癖がつきやすくなってしまいます。
そのため、ドライヤーでよく乾かしておくことが重要です。
丁寧にブローをしておくことで、寝癖がつきにくい状態を保つことができます。
癖がつかない程度にゆるく三つ編み等に結んで寝ると更に効果的です。
 次に、髪の毛が短い人の場合について。
髪質がかたく毛量が多い人ほど、枕等で擦れてひどい癖がつきやすくなります。
髪が長い人と同様に、洗髪後は丁寧にドライヤーでブローをして髪をよく乾かしておきましょう。
そして、寝る時にはナイトキャップを被っておくと髪の毛が広がり癖がつくのを抑えることができます。
 いずれにしても重要なのは、洗髪後の髪の毛の丁寧な乾燥とセットです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加