寝癖がつかないようにするための枕への工夫

スポンサーリンク

寝癖とは寝ている間に髪への圧力がかかることで、髪の構造を形成している結合状態が歪められた結果起きる現象とされています。
したがって寝癖がつかない様にするためには、この寝ている間に髪へかかる圧力や摩擦を軽減することが方法の1つに挙げられます。
寝ている間では枕や床と接触している頭の部分周辺での寝癖が起きやすい状況となっており、対処法としては枕の質を変えてみることが主なものとなります。
理論上では硬いタイプよりも柔らかめのタイプの方が、圧力による影響は少なくなるものの、実際には他にも考慮する必要がある事柄があります。
その1つと言えるのが、寝相の良し悪しによる影響です。
寝相が悪く頭を激しく動かす様な人は、寝癖の原因となる摩擦が起きやすい状況となっているためです。

スポンサーリンク

摩擦の影響を受けにくい様な枕を選ぶポイントとしては、その質と高さ、幅広さを変えてみることが該当します。
それによって寝相が悪くなりづらい、自分に合ったものを追求することが肝心となっています。
まず質については、いわゆる天然素材を選ぶ方が良いとされます。
天然素材でつくられた枕は頭との接触部分における摩擦が少なめとなりやすいためです。
次に高さについては、一般的にはやや低めとなる様にする方が頭への圧力がかかりにくいとされます。
一方で頭部の形状によっては個人差があるため、実際に寝転がった状態で枕をあてて、合う高さを事前に調べることも必要となります。
そして幅広さについて、原則として接触面積が少なくなる様な幅の狭さの方が、寝癖がつかないようにする効果があるとされます。
これらの面から、合う枕を探すことが寝癖対策の基本として挙げられます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加