寝癖がつかない秘訣は夜寝る前のスタイリング

スポンサーリンク

朝起きて鏡を見たらすごい寝癖がついていることがあります。
そういう場合、スタイリングが大変です。
急いで水をつけてドライヤーで乾かし、さらにスタイリングしなければならず、朝の忙しい時間にムダに時間がかかってしまいます。
朝のスタイリングの時間を短縮するには、夜寝る前に髪の毛のケアが重要です。
まず、髪の毛を洗ったら良く乾かすことです。
水分を含んだ髪の毛はとてもデリケートです。
そのまま寝てしまうと枕との摩擦で髪の毛が傷み、傷んだ髪の毛はクセが付きやすくなります。
また、頭皮が塗れていると雑菌が繁殖し健康な髪が育たなくなります。
それもクセが付く原因の一つです。
夜シャンプーで洗った後、しっかりと根元までドライヤーで乾かす習慣をつけることです。

スポンサーリンク

髪の毛をしっかりドライヤーで乾かした後は、スタイリングをします。
スタイリングは朝するものだと思うかもしれませんが、実は夜寝る前にしっかりスタイリングをしておくと、朝驚くほど寝癖がつかないのです。
スタイリングはブローブラシを使い、上から下へブラシの動きに合わせるようにドライヤーも動かします。
軽くテンションをかけて真っすぐ伸ばすようにブローします。
ドライヤーは、温風の後に冷風を当てて冷めるまでそのまま置いておくと、真っすぐのままクセが付き、サラサラヘアになります。
この状態のまま寝ると、朝起きるとほとんど寝癖がつかず、ついていたとしても簡単にブラシで直せる程度の寝癖で済みます。
朝の時間を短縮するには、夜のスタイリングが大切なのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加