寝癖をつきにくくする小技

スポンサーリンク

髪が太かったり癖がつきやすい髪質の場合、朝起きたら髪がうねっていたり、またボリュームが出過ぎてまるで爆発しているかのような寝癖が、ついてしまう事があります。
髪のはねやうねり、またボリュームなどの寝癖がついてしまうと、直す為のヘアスタリングに時間がかかってしまいますし、上手く直せないとそのまま登校や出勤を余儀なくされてしまいます。
寝癖がついていると特に社会人の場合、身だしなみがなっていない、清潔感のない人と思われてしまい、信頼まで失ってしまいかねません。
ですので、できるだけ寝ている間にクセがつかないようなケアを行う事で、ヘアスタイリングにかかる時間も短縮でき、また清潔感を与えられるのでお勧めです。

スポンサーリンク

寝ている間には髪のハネやうねりがつかない為には、シャンプーをした後しっかりと髪を乾かす事が大切です。
髪は乾く時にクセがつくやすいので、濡れたまま寝てしまうと枕や寝相で、髪にくせがついてしまいやすくなってしまいます。
ですので、寝癖をつきにくくするならお風呂上りに、しっかりと髪を乾かしましょう。
全体的に乾かすのはもちろんですが、特に目元を重点的にしっかり乾かす事で、ハネやうねりのクセがつきにくくなると言われています。
また寝ている間にボリュームが出てしまうタイプの寝癖は、髪を乾かし寝る時に防止を被る事をお勧めします。
ニット帽などの帽子をかぶる事でボリュームを抑えられ、ヘアスタイリングしやすい髪になるでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加