ショートヘアで解決できる寝癖がつかない寝方

スポンサーリンク

朝の忙しい時間、寝癖がついているとスタイリングをするのが大変です。
特に激しく付いてしまった場合、スプレーなどで濡らして髪の毛をリセットしブローをして整える必要があり、とても時間がかかります。
寝癖は寝ているときに無意識に寝返りなどを打ち、髪の毛が長時間クセが付いた状態のまま枕で押さえつけられたりすると出来ます。
長時間寝るとその分髪の毛が枕でプレスされた状態が長くなり、きついクセがついてしまいます。
また、浅い眠りの場合も寝返りを多く打ってしまい、結果髪の毛が傷みクセが付きます。
寝癖のつかない寝方は、一番有効なのは快眠することです。
寝る前に軽いストレッチなどをすれば、体が程よく温まり深い眠りにつくことができます。
熟睡すると寝返りを打つ回数も減ります。

スポンサーリンク

寝癖をなるべく少なくするには、思い切って髪型を変える方法もあります。
ロングヘアの人はショートヘアにすると寝癖の悩みは半減します。
ロングヘアの人は髪の量が多い分、クセも付きやすくなります。
また、特にストレートのロングはクセが付いたらその分朝直すのが大変になります。
ショートヘアにすれば髪の量が減った分少しのクセがついても朝のスタイリングが楽になります。
しかし、基本的にどんな髪型でも夜寝る前にしっかり髪の毛を乾かすことが一番重要です。
髪の毛や頭皮が濡れたままだとクセが付きやすく、また、枕との摩擦で髪の毛が痛んでしまいます。
傷んだ髪はさらにクセがつきやすくなり、悪循環です。
寝る前にしっかり乾かし、ブローをすると驚くほど朝のスタイリングが楽になります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加