工夫いろいろ寝癖がつかなくなった方法

スポンサーリンク

朝急いでいるときに限って酷い寝癖がついていたりします。
そうなったら直すのは大変です。
急いで水で濡らしてドライヤーで乾かしスタイリングしなければならず遅刻してしまう原因になります。
寝癖をつけない方法はあります。
それは事前の予防です。
寝癖の一番の原因は髪の毛をしっかり乾かさずに寝てしまう事にあります。
生乾きのまま寝ると水分を含んだ髪の毛が枕で摩擦されくせがついてしまいます。
髪の毛のダメージにも繋がり、乾かさないで寝ることは絶対避けるべきです。
洗った後はドライヤーで根元までしっかりと乾かすことが大切です。
洗い流さないトリートメントや、オイル系のヘアケア剤で油分を補ってあげると、乾燥を防ぐことができ、より健康でクセのつきにくい髪になります。

スポンサーリンク

寝癖がつかなくなったと言われるの方法の一つに、夜寝る前にスタイリングをする方法があります。
乾いた髪を丁寧にブラッシングしながらブローし、ツヤツヤの髪のまま寝ると、朝にほとんどくせがつかなくなります。
その他にはショートヘアの人は帽子をかぶって寝る方法があります。
睡眠の妨げにならない程度の、薄手のニット帽を頭にかぶって寝るのです。
または幅の広いヘアターバンなどもお勧めです。
朝起きると髪の毛がペタンコになっていますが、根元をふんわりさせるようにドライヤーを当てるとすぐに直ります。
寝癖はついてしまったときより、つかないように予防することが大切なので、自分なりの寝癖で困らない工夫を見つけて実行することです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加