ショートヘアで寝癖がつかない方法について

スポンサーリンク

ショートヘアをされている方は寝癖が付きやすいとされています。
髪が短い分だけ跳ねやすい傾向にあるからです。
寝癖がつかない方法としましては、寝る時に髪の毛をシッカリと乾かすという事があげられます。
寝る前に、髪を洗う方にはこの方法で大方の寝癖は対処する事が出来ます。
 ショートヘアの場合ですと、良すぎる寝相により寝癖がつく事が予想されます。
その場合は、寝癖がつかない方法としまして髪の流れに沿った方向を向いて寝るという事があります。
通常、髪の毛といいますのはつむじの流れに沿って生えているものです。
ですから、その流れに沿った方向を向いて寝る事で寝癖が解消されるという事が言えます。
その際は、ご自身のつむじの向きを確認してください。

スポンサーリンク

 ショートヘアで寝癖がつかない方法には、専用のナイトキャップを着用して寝るという方法があります。
ショートヘアですので髪をそのまま包み込む事になります。
それにより、髪が枕にすれる事なく眠る事が出来ますので、癖がつきにくくなります。
寝ぐせは、髪が枕にすれる事で出来るものであると言えます。
ですから、ナイトキャップで髪を保護する事により、寝癖がつかなくなります。
 このように、寝方を工夫する事でショートヘア特有の寝癖を回避する事が出来ます。
現在は様々なヘアケア商品が販売されています。
ドラッグストアなどで、ご自身に合ったヘアケア商品を購入して、実際に使用してみる事で実感する事が出来ます。
ナイトキャップも市販されています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加