男性の寝癖がつかない方法紹介

スポンサーリンク

男性は髪の毛があまり長くないために、かえって寝癖が付きやすいです。
髪の毛の硬さには個人差があって、とても細い髪の毛から剛毛までさまざまですが、寝癖はどのような髪の毛の人でも付いてしまいます。
五分刈りとかにしている人はさすがに寝癖はつきにくいですが。
寝癖がいったんついてしまうと、不思議なくらいにその形がとれません。
朝起きて、寝癖に気づいてあわてて直そうとしてもなかなか直りません。
髪の毛が柔らかいからといって直りやすいということはありません。
油脂類やシリコーン、アクリルといったものの含有する整髪化粧品は販売されていますが、これをつければ流石に直りますが、寝癖を直すためにこのようなものを買い続けることは無駄です。

スポンサーリンク

ということで、寝癖をとる方法を考えるのではなく、寝癖がつかない方法を考えることが肝腎です。
寝癖は寝ているときに毛髪が枕などに押し当てられて変形し、そのまま癖がついて固まることに起因します。
これを回避するには毛髪を押し付けないことがベストですが、物理的にそれは困難です。
いったいどうやったら寝癖がつかないのかというと、就寝直後の毛髪についている水分量が影響しているので、洗髪直後に徹底的にドライヤーで乾燥させて整えておくことが大切です。
また、頭皮、毛髪ともにダラダラと水分蒸発が進んで熱を奪われることがダメージとなります。
よって、寝癖をつけずに健やかに毛髪を保つためには、洗髪直後で少々体がだるいと感じるときであっても、その場でしっかりとドライヤーを掛けることが一番大切です。
これで寝癖もつきにくくなります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加