ロングヘアの方にお勧めの寝癖のつかない寝方

スポンサーリンク

ロングヘアの女性の中には、朝起きると寝癖がついて大変という方も、多いのではないでしょうか。
ロングヘアの場合、寝ている時の寝相などで髪と髪とが擦れ合い、うねりやハネなどが出来やすくなってしまいますし、枕との摩擦も大きいのでより寝癖がつきやすい状態にあるのです。
髪が長いとうねりやハネといった、寝癖を改善するのに時間がかってしまいますし、髪自体が絡まってしまう事もおい為、枝毛や切れ毛の原因になってしまいます。
朝の忙しい時間帯に、髪のうえりやハネなどの寝癖直しとう手間と時間のかかるヘアスタイリングの負担を減らし、また枝毛や切れ毛の無い綺麗な髪をキープする為にも、寝癖がつかない寝方をする事が大切と言えるでしょう。

スポンサーリンク

ロングヘアの方の場合、寝癖のつかない寝方として、まず髪を束ねてから寝る事をお勧めします。
髪を束ねて寝る事で、髪同士の絡まりを防ぐ事ができますし、枕との余計な摩擦も軽減する事が出来るのです。
ただし、髪を束ねて寝る場合はヘアゴムのくせがつかないよう、シュシュなど柔らかい素材で作られたヘアアクセサリーで束ねるようにしましょう。
また、1本に髪を束ねるだけでも寝癖がつきにくくなりますが、頭のてっぺんでおだんごヘアにしたり、ゆるい三つ編みにする事で、より髪の摩擦を軽減できるので、ハネやうねりなどの寝癖がつきにくくなると言われています。
髪を束ねる以外にも、しっかりと根本から髪を乾かすなど基本的なケアを行う事も、寝癖をつきにくくする効果があります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加