つかないと思われがちな薄毛の人の寝癖

スポンサーリンク

一見薄毛の人は寝癖がつかないと思われがちですが、そんなことは決してありません。
他の人から見れば確かに同じよう見えていると思われますが、自分の目から見た自分の髪型は、実は繊細な部分までよく見えています。
寝床に入り、睡眠に至るまでの間どうすれば寝癖がつかないように寝ることができるか試行錯誤します。
なるべくつかないように寝るには、枕と髪の毛との接地面が少ない方がいいので、首もとにやや高めの枕を当てて寝るようにしています。
しかし、あくまで寝初めの状態が接地面が少ないというだけで、睡眠状態になりますと意識はないのですから保つことができるかも確率の問題になってきます。
朝起きるまでは、結果はわからないということになります。

スポンサーリンク

朝起きた時に寝癖がついていた時に、他の人にそれを伝えてもなかなか分かってもらえないのが現状です。
自分が見ている鏡と人が見てる人というのが、違うように見えているのかと思うこともあります。
しかし、自分にはしっかりと寝癖が見えているのです。
この寝癖を直す手段をいろいろと実践してきました。
整髪剤をつけたり、濡れたタオルで拭いてみたりいろいろやってみました。
薄毛の人は頭皮の脂が多いのか髪の毛全体に脂がまわるのが早い気がします。
その脂によってなかなか直すことができない髪になっているように思います。
結局、いろいろ考えてやってみた結果としては、髪の毛をシャンプーで洗うという根本的な方法が唯一の薄毛の人の寝癖を直す方法だと個人的には結論づいています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加