天然パーマの方の寝癖対策

スポンサーリンク

朝起きると寝癖がついてしまっていることがありますが、天然パーマの方はそれでなくても癖がついているのに、忙しい朝に困ったという経験を持つ方も多いのではないでしょうか。
まず、寝癖を防ぐためには夜のうちにしっかり乾かしておくことが大切です。
疲れたときなどは髪が乾ききらないうちに寝てしまうことがありますが、これは寝癖のもととなりますし、翌日さらに苦労することとなりますので、疲れているときでも髪はしっかり乾かし、丁寧にブローしておくことがおすすめです。
表面が乾いていても内部が湿っていることもあります野で、乾かすときも気をつけておきたいところです。
そしてブローを丁寧にしておくことで天然パーマもかなり伸び、翌日のヘアセットがかなり楽になります。

スポンサーリンク

そして気をつけていてもやはり寝癖がついてしまうことがあるものです。
そういった場合は水やスタイリング剤で髪を濡らして直してみましょう。
そしてかなり癖がついてしまっている場合はシャワーなどで一度すべて濡らしてから乾かすという方法もあります。
髪がはねるようなくせがついているときは朝食を食べている間にニット帽などをかぶっておくとかなり落ち着くことがあります。
ストレートアイロンなども癖を伸ばすのにはとても役立ってくれる商品ですので、こうしたグッズも持っていると急いでいるときもすぐに髪の癖が伸ばせて便利です。
あまりに髪の癖で悩まされている場合はお手入れも大変ですし、縮毛矯正などを利用して癖を抑える施術を受けておくのもおすすめです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加