寝癖や外ハネが出来る理由とその直し方

スポンサーリンク

寝る前には綺麗にまとまっていたのに、起きたら寝癖が出来てしまって台無しになっていたという事って良くありますよね。
時間が無いのに朝から癖が治らなくてバタバタしてしまう、という人も結構いるのではないでしょうか。
今日は、効果的な寝癖の治し方を少しご紹介しますね。
そもそも寝癖は何故出来るのでしょうか。
髪の毛は主にタンパク質が結びついて出来ていますが、水に濡れてしまうとイオン結合などによりその結合が切れてしまいます。
この結合が切れた状態である髪が濡れた状態でそのまま乾いてしまうと、濡れていた時の髪の毛の状態のまま固まってしまうのです。
つまり癖が出来てしまう理由は、寝る前に髪の毛が濡れていたり汗で濡れてしまったりするのが主な原因なのです。

スポンサーリンク

なのでまず一番最初に大切なのは、寝る前には髪の毛をきちんと乾かして寝ると言う事です。
生乾きなどで寝てしまうのが、寝癖の一番の原因になってしまいます。
また睡眠中に汗などが髪に貼り付かないように、タオル等で枕をくるんだりする事も効果的です。
次にもし寝癖がついてしまった場合の、簡単な直し方についてです。
髪の毛に寝癖がつく場合、よくあるのが外向きにはねる外ハネです。
これは、毛先と言うよりは根元の部分に癖がついてしまっている場合が多いです。
なので、その根元の部分にしっかりと水を含ませる事が大切です。
手のひらを水で濡らして優しく根元の部分に揉み込み、少し時間をおいてよく馴染ませます。
この時に外ハネになっている毛先を、しっかりと元々の髪の向きに直す事が大切です。
水がよく馴染んだら、ブラシで内側に巻きながらしっかりと完全に乾くまでブローして下さいね。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加