寝癖を直すにはお湯が効果的です

スポンサーリンク

朝目覚めて髪の毛が寝癖でボサボサだと、セットをするのがとても大変です。
ドライヤーを少しくらい当てても、頑固な癖はなかなか元には戻ってくれません。
時間が十分に有ればシャワーを浴びてドライヤーで乾燥させれば寝癖は完全に取れるのですが、寝過ごしてしまって時間が無い時はそんな事はしていれられません。
そこで少しでも素早く寝ぐせを直すには、ちょっとしたコツが有ります。
よく水を髪の毛に付けて撫で付けて寝ぐせを直そうとしているのを見かけるのですが、実はこれではなかなか直す事はできません。
全く効果が無いという訳ではありませんので、髪の毛の細い人や癖の付きにくい人なら効果が有りますが、髪の毛が硬くて癖が付きやすい人の場合ではあまり効果は無いはずです。

スポンサーリンク

ではどうしたら効果的に寝癖を取る事が出来るのかというと、水ではなくお湯を使うのがポイントです。
髪の毛の成分はタンパク質ですから、熱を加える事で柔らかくなります。
柔らかくなった状態でブラシを通す事で、寝癖を簡単に取る事が出来るという訳です。
またお湯を髪の毛に直に付けなくても、蒸しタオルを作って、寝癖を直したい場所に当てておいても同じような効果を得る事が出来ます。
寝癖がきちんと取れたらドライヤーの温風でしっかりと乾かして、その後に冷風を当てておけばセットを長持ちさせる事が出来ます。
これは温まっている髪の毛に冷風を当てる事で、今度は逆に髪の毛を硬くする効果が得られるからです。
お湯を上手に使うことで、朝の時間を落ち着いて過ごすことが出来る様になります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加