寝癖で頭皮が痛い毎日から解放されるために

スポンサーリンク

毎日朝起きると髪がボサボサに爆発しているというのはよくあることです。
髪型が崩れているだけならまだしも、頭皮が痛いと感じる方もいると思います。
髪の毛の大部分はたんぱく質から成り立っています。
そのたんぱく質同士を結び付けている物質は水に濡れるとその結合が切れ、乾くと結合するという性質を持っています。
その性質が髪の形を決定しているのです。
ということから、寝癖の原因は、髪を乾かさずに寝てしまったり、寝ている時の汗などで髪が濡れてしまうということが考えられます。
また、寝癖で頭皮が痛いと感じる方に関しては、寝ている間に髪の毛が変な方向に押しつけられっぱなしになっていることから無理な力が毛根にかかり負担を与えることで痛みを感じるのだと思われます。

スポンサーリンク

朝の忙しい時間に寝癖の対処に割かれてしまう時間をどうにかしたい、朝から頭皮の痛みを感じずに清々しい朝を迎えたいと思うのは自然なことです。
まず、寝癖の対処法として考えられるのは、髪の毛をきちんと乾かしてから寝ることです。
シャワーを浴びた後にドライヤーをわざわざ持ち出し髪を乾かすのは面倒くさい作業ではありますが、このひと手間で寝癖から解放されるだけでなく、髪質の向上にもつながります。
また、寝ている時に汗をかかないように寝室の温度調整をすることも必要です。
これらの事に気をつけていても朝起きたら髪が爆発してしまう方もいるでしょう。
そういう方は髪の毛を根元まで水で濡らすことが効果的です。
ここで注意しなければならないのが、完全に乾いた髪の毛は、濡らしたようで実際は水分を吸収していない場合があります。
その場合は水スプレーを使って髪をぬらすと寝癖から解放されます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加