寝癖をなおすにはヘアアイロンとドライヤーを使いましょう

スポンサーリンク

軽い寝癖の場合は、ヘアスプレーなどで髪を少し濡らした状態でドライヤーを使えば直すことができますが、ひどい状態になってしまうと、ドライヤーだけでは直しにくい場合が多いです。
かといって、いきなりヘアアイロンを使っても、綺麗なストレートヘアにはならないので、悩みどころだと思います。
そのようなひどい寝癖を直すためには、ヘアアイロンとドライヤーの両方を使うようにすると、綺麗なストレートヘアにすることができます。
髪に何もつけない状態で両方のアイテムを使ってしまうと、髪がどんどん傷んでしまうので、スプレーやミストなどを必ずつけるようにしていただきたいです。
しっかりと髪の毛を保護しながら、寝癖を直すことが大切です。

スポンサーリンク

使い方は、まずヘアスプレーやミストで髪の毛を少し濡らしたような状態にして、ドライヤーを使います。
髪全体に風を当てて軽く寝癖を直すだけでOKです。
ドライヤーで完全に直そうとするのは大変なことなので、軽く直っている状態になったら、次はヘアアイロンを使います。
ヘアアイロンは全体に使うのではなく、寝癖が気になっている部分にだけ使うようにするのがポイントです。
そうすることで、必要以上に髪の毛を傷めることもなくなります。
気になる部分にだけヘアアイロンを当てれば、ストレートヘアに仕上げることができるようになるので、髪の毛を美しく見せることも可能になります。
寝癖をつかないようにすることも重要で、完全に髪の毛を乾かしてから寝るようにすれば、翌日もすぐに直すことができます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加