パーマスタイルの寝癖の直し方

スポンサーリンク

パーマスタイルでは、男性も女性も一旦横になったら変な寝癖がついたりボリュームが出たり、減ったりするものです。
パーマスタイルにもよりますが、この、寝癖の直し方があります。
ウェーブスタイルの場合は、一旦思いきって全体をしっかりとウエットにすることから始めます。
しっかりとウエットにするとは表面だけを水で濡らすことではなく、頭皮から濡らすことです。
摩擦によって伸びてしまったウェーブは少し濡らすだけでは綺麗なカールは戻らないので、先ずは頭皮からしっかりと濡らしてウェーブを復活させる事です。
もし、それが無理なときは出来るだけ根元からウエットにすることを心がけておくと良いと思います。
そして、ドライヤーは使わずにタオルドライで8割ぐらい乾かします。

スポンサーリンク

次に根元から良くタオルドライした髪にソフトワックスやムースなどを揉み込む様につけて、軽くドライヤーをあてて完成です。
ウェーブスタイルではないパーマヘアーの時も寝癖がついてしまったら、ウエットにしない限り、いくらドライヤーをあてても癖は戻りません。
この時も毛先だけを濡らすのではなく根元からしっかりと濡らし寝癖をとっていきます。
女性の場合は化粧などしていると頭からシャワーすることが難しい時もあるので、その様な時は、霧吹き等で根元中心にウエットにしていくと良いと思います。
そのあとはタオルドライで乾かしブローローションなどをつけながらセットすると良いと思います。
どちらの場合もポイントは根元からしっかりとウエットにすることですスポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加