中学生でも簡単にできる寝癖直し

スポンサーリンク

人は誰でも、家を出る前は身だしなみをきちんと整えます。
中学生のみなさんも、身だしなみはきちんとしてから学校へ行きますよね(服装、髪型など)。
しかし、寝癖を直すことが困難な方もいるのではないでしょうか。
学校から家までが遠く、朝早くに家を出ないといけない方は、朝は1分1秒を争いますから、あまり時間をかけたくないはずです。
寝癖直しには、専用のミストや軽いソフトワックスが有効です。
しかし、校則によってある程度の縛りが存在します。
頭髪剤を使ってはいけない。
こんな校則もあるでしょう。
そこで、頭髪剤を使わずに、簡単に寝癖直しができる方法を紹介します。
それは、「水とトリートメント」を使う方法です。
これなら、簡単に寝癖を直すことができるのです。

スポンサーリンク

[簡単・寝癖直しの方法]
まず用意するものは、ブラシ・ドライヤー・トリートメントです。
トリートメントは、洗い流さないものを用意しましょう。

 

1.水で頭皮・毛先を湿らす。
頭皮を湿らすことで、生え際の癖を解消します。
また、毛先の寝癖が気になる場合は、毛先も湿らせましょう。
ポイントは、「濡らす」のではなく「湿らす」のです。

 

2.トリートメントを毛先に少々つける。
たっぷりつけすぎると、ドライヤーで乾かす際に時間がかかってしまうので、あくまでも「少々」です。

 

3.ドライヤーで「わしゃわしゃ」と乾かす。
根元の生え際を、指の腹でわしゃわしゃと空気を含ませるように乾かします。
毛先も同様にわしゃわしゃと乾かします。

 

いかがでしょうか。
この3ステップで、寝癖が簡単に直ってしまいます。
朝忙しい中学生にはぴったりなので、ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加