縮毛矯正をかけた翌日の寝癖対策

スポンサーリンク

くせ毛の方はスタイリングではかなり苦労することとなりますが、そういった髪質の方も縮毛矯正をすると髪もストレートとなり、普段のお手入れも楽になり、好きな髪形を楽しめるようになります。
そして、施術を受けた日はまだ安定していないこともあり、当日はシャンプーが禁止されることがほとんどです。
定着させるのには48時間程度必要なものもありますので、できるだけ髪は濡らさないほうが良いですし、髪も束ねたりすることを禁止されることがほとんどです。
この間に髪をぬらしてしまったりするとせかっくの施術が定着せず失敗してしまう場合もありますので、美容室での注意はしっかり守るようにしたいものです。
そして気になるのは翌日の寝癖対策です。

スポンサーリンク

寝る前には髪をきれいに整え、寝癖がつかないよう気を使うことは大切ですが、やはり寝ている間に姿勢は乱れてきますので朝起きるとかなり髪にくせがついてしまうことがあります。
通常の場合は寝癖は水でぬらしたりなどで抑えていくことが多いですが、縮毛翌日の場合はやはり水で濡らさないに越したことはありません。
かといって、そのままでは外出しづらいですし、放置しておくと寝癖の形がくせづけられてしまう場合もありますのでやはり癖は直しておきたいところです。
なるべく濡らさずドライヤーなどを利用して優しく抑えていくと良いでしょう。
そしてストレートアイロンなども髪のくせを直すのにはとても役立ってくれますので、そうした商品も用意しておくと便利です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加