寝癖がつく理由は人それぞれ

スポンサーリンク

朝起きて困るのが寝癖です。
酷いものになると直そうとすればするほど余計ひどくなったりします。
なるべく寝癖のつかない寝方で寝たほうがいいですが、必ずと言っていいほど人は寝返りを打ちます。
夜寝た時の状態のまま朝まで寝るのは困難です。
寝癖がつく理由の一つに、髪がクセがつきやすい状態で寝ていることが挙げられます。
クセがつきやすい状態とは、しっかり乾いていない、髪の毛が水分が含んだ状態のことを言います。
髪の毛が濡れたまま寝てしまうことでクセがつくのです。
これを防ぐためには、夜シャンプーした後は、ドライヤーで根元までしっかりと乾かすことです。
そして綺麗にブローしてから寝るとクセがあまりつかなくなり、朝のスタイリングが楽になります。

スポンサーリンク

髪型も少なからず寝癖に影響します。
ショートヘアの人は寝癖が付きやすいと言います。
朝起きて髪が爆発していた経験がある人もいると思います。
ロングヘアの人と比べ、髪の毛にまとまりがない分クセがつきやすいのです。
なるべく髪の毛を伸ばすといいですが、伸ばすまでに時間がかかり効率的な方法とは言えません。
また、伸ばしかけの髪型が一番跳ねます。
どうしてもクセがついてしまう場合は、サロンに行って、毛先だけでも跳ねない重めの髪型にしてもらうのが一番いい方法です。
また、帽子をかぶって寝るという方法もあります。
ロングヘアの人はクセを利用してパーマをかけるとスタイリングしやすくなります。
人それぞれ寝癖の理由は違うので、自分に合った解決方法を探してみることです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加