寝癖と地肌に関する事

スポンサーリンク

いい寝相で寝ていますと、朝起きた時に鏡を見るとご自身の寝癖に驚く事があるのではないでしょうか。
寝癖は、ご自身が寝やすい頭の向きで寝ているためにつくとされています。
そんな髪の毛の癖ですが、それだけならまだしも癖により地肌が見えてしまう場合があります。
それは、特に髪の毛が薄いタイプの方に見られる現象であるとされています。
ご自身で、鏡を見ていてもなかなか気が付きにくいのが地肌です。
それは、頭頂部をご自身で写真に撮ってみる事でハッキリと分かります。
もし、ご家族がいらっしゃる場合は、ご家族に指摘されて気が付くという事もあるのではないでしょうか。
それは、髪質が原因であるとともに、寝癖が原因であるという事が言えます。

スポンサーリンク

 毛の生えている向きと言いますのは、ご自身のつむじに沿って生えているものです。
毛の流れと言いますのがありますので、それに逆らった寝相をされた場合には、寝癖が付きやすいという事が言えます。
その場合、地肌が露出して見えてしまう事があります。
対処法としましては、良すぎる寝相を改善する事で根本的な対策を行なう事が出来ます。
それから、髪を洗った時はしっかりとドライヤーで髪の根元まで乾かすという作業が大切です。
それにより、朝起きた時に寝癖がつきにくくなります。
 出来てしまった寝癖は、ヘアケア用品を使用して抑えるという事が出来ます。
その際は、地肌の流れに逆らう事なく素直にヘアセットを行う事で、露出した地肌は抑える事が出来ます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加