剛毛に悩む方の寝癖の直し方について

スポンサーリンク

人それぞれ髪質によってヘアスタイルに関する悩みはいろいろとありますが、例えば細くて柔らかすぎるとまとまりが悪かったり、逆に太くてゴワゴワしているとボリュームが出過ぎて重い印象を与えてしまうなど、毎日のスタイリングで大変な思いをしている方も多いようですが、髪質に関係なく、忙しい朝に悩まされるのが寝癖です。
時間がない中でなかなか直らない、癖がとれないというのは非常にストレスを感じるものでしょう。
特に剛毛に悩んでいる方は癖がつきやすく、また一度つくとなかなか直らないということが多いのです。
そのため就寝前に帽子をかぶったり三つ編みをしたりさまざまな工夫をしている方もいるようですが、それでも寝相などによって朝起きるとクセがついていたということが多いようです。

スポンサーリンク

そんな寝癖の直し方で、やはり一番早くて効果的なのは髪を濡らしてから直す方法です。
ただ、朝の忙しい時間ではなかなかシャワーを浴びたり髪を洗ったりすることは難しい場合が多いでしょう。
そんな時はスプレーなども活用して根元をしっかりと濡らす事が効果的です。
髪を湿らせた後にタオルドライをして根元から毛の流れにそってドライヤーで乾かしていきますが、クリームやオイルなどをつけてあげるとさらに髪全体がまとまりやすくなります。
その際なるべく髪を傷めないためにも、濡らす前にブラシで髪をとかして事前にからまりをほどいてあげたり、ドライヤーを頭から少し離して直接熱風を当てないように注意が必要です。
剛毛に悩んでいる方でも手入れ次第には髪は扱いやすくなるので、しっかりとケアしてあげると良いでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加