ごまかしの手段いろいろ寝癖対策

スポンサーリンク

朝起きて寝癖があるとスタイリングするのに時間がかかります。
朝の忙しい時間に寝癖直しに時間をかけるのはもったいないです。
なるべく事前に予防できるに越したことはありませんが、できてしまった寝癖はなんとかごまかす方法がいくつかあります。
まずはクセを利用して無造作ヘア風にアレンジしてしまう方法です。
ワックスをつけてドライヤーでスタイリングし、手櫛でバランスよく整えれば、クセを利用したふんわりエアリーな無造作ヘアの出来上がりです。
ショートヘアからミディアムヘアの人が利用できる技です。
ロングヘアの人は髪を結んでアップにするだけでごまかせるのでお手軽です。
その日の気分に合わせていろいろアレンジを楽しめるのがロングヘアのメリットです。

スポンサーリンク

スタイリングしている時間がない人は帽子を使うという最終手段があります。
帽子を被るだけでいいので非常に楽でかつオシャレにもなります。
ヘアバンドなども使えます。
また、思い切って寝癖がつかない髪型にしてみるのもお勧めです。
ショートヘアの人はクセがつきやすいので、ショートでも重めのボブヘアなどにするとクセがつきづらくなります。
また、ミディアムヘアやロングヘアの人はパーマをかけることでごまかしが利きます。
クセのつかない髪型に変えることは、朝のスタイリングの時間の削減にもなるのでおススメです。
しかし、一番いいのは寝癖のつかないように予防することです。
夜はしっかり髪を乾かしてから寝ると寝癖をある程度防げます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加