寝癖はなぜつくのか、予防と対策

スポンサーリンク

朝の忙しい時間に寝癖がついていたりすると大変です。
遅刻しそうな時に限ってひどい寝癖がついていたりします。
寝癖はなぜつくのかというと、髪の毛にくせがついた状態のまま長時間同じ体勢のまま寝てしまうことでつきます。
そうならない為には寝る前に髪の毛をしっかりまとめて、同じ体勢で寝ることですが、ずっと寝返りも打たずに同じ体勢で寝るのは不可能と言えます。
でも、できるだけ予防する方法はあります。
寝る前に髪の毛をきちんと乾かすことです。
きちんと乾いた髪の毛は、くせがつきづらくなります。
濡れた状態で寝ると強いクセがつき、朝直しづらくなるので注意が必要です。
夜寝る前にドライヤーで根元までしっかり乾かす習慣をつけることが大切です。

スポンサーリンク

髪質がくせ毛の人は寝癖がつきやすいです。
また、うねりがちの髪の毛の人も寝癖で悩んでいる人が多くいます。
髪のうねりは毛根から来ています。
健康な髪の毛は真っすぐ育ちますが、何らかの事情で傷んでしまった髪の毛は毛根から毛先までうねりがちになります。
髪の毛のダメージは寝癖へも影響します。
芯から健康な髪の毛はクセがつきにくいのです。
日ごろから髪の毛をしっかりケアすれば、クセはある程度防げます。
また、髪質を変えるのは難しいですが、髪型を変えることはできます。
ストレートヘアより、パーマを当てた髪の毛の方が、クセがついてもある程度ごまかしが利き便利です。
また、ショートヘアは毛先が跳ねがちなので、頑張ってロングにする手もあります。
いろいろ実践して自分流の対策を見つけることです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加