寝癖とは水素結合で起こる

スポンサーリンク

女性の皆さんの中で、朝起きると寝癖がついていて髪のブローをするのに時間がかかるという悩みを持っている人はいますか。
ただでさえ朝は時間がないので、ヘアケアは短く済ませたいものです。
では、そもそも寝癖はなぜできてしまうのでしょうか。
一番の原因は、寝る前にしっかり髪を乾かさなかったことで起こります。
濡れている状態の髪は、頭の重みで枕などに押さえつけられて寝癖になってしまうのです。
これは髪の水素結合によるものです。
水素結合は、髪が濡れている状態から乾いていく時に、だんだん髪の内部の分子が結合して癖がついてしまうのです。
それでは、寝癖対策としてどうすればいいのでしょうか。
一番は、夜にしっかり乾かすことです。
  スポンサーリンク

髪の毛が湿ったまま寝てしまうと、寝ている間に寝グセがついてしまいます。
ですから、ドライヤーでかならず根元からしっかり乾かすことが大切です。
ドライヤーをかけるポイントは、髪の根元を立ち上げるように乾かしましょう。
そうすると、ふんわりと自然なシルエットになって翌朝の仕上げが楽になります。
その他の寝癖対策として、長髪の方は、軽く三つ編みにしてから寝るという方法も効果があります。
きつく結ぶとかえって強いうねりになってしまうので、ゆるい三つ編みにするといいです。

または朝髪をセットするのと同じように、夜コテで髪を仕上げてから寝るのも有効です。
そうすると何もしないで寝るよりも、朝髪が落ち着いてセットできます。
参考にしてください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加