寝癖が発生する仕組みとそれに基づく対処法

スポンサーリンク

寝癖とは夜間をはじめとした一定時間寝ている間にできる、髪の毛の変形を指した言葉です。
もともとの髪型と異なる様な形状となるうえ、直すのに時間がかかる厄介なモノと言えます。
こうした寝癖ができる仕組みには基本的なメカニズムが存在します。
それは髪の毛の分子構造と水分による影響です。
一般的に髪の毛の成分分子は、水素結合と呼ばれる力によって互いを支え合い、髪の形を決定しています。
これが就寝時においては頭が重力によって枕や床に抑えつけられ、髪の結合に対して強い力がかかることになります。
すると結合の仕方が歪められやすくなり、寝癖につながります。
特に髪が濡れた状態だと、濡れたことで結合が柔らかくなり、乾いて水分が抜けた時に髪の結合状態が歪んだまま固まりやすいとされています。

スポンサーリンク

したがって寝癖を防ぐ目的の主なモノとしては、水分の影響を避けることと結合への圧力がかかりにくくすることが挙げられます。
具体的には就寝前はドライヤーをかける、極端に硬い枕は避ける、などが該当します。
それでも変形が一旦できてしまった場合は、それを直す処置も必要です。
その時も主な考え方としては、水分による影響を利用することが挙げられます。
結合は水分を含ませることで柔らかくなる特性を持っているため、1度髪の毛を水に付けることが必要です。
この時は寝癖がある部分だけで無く、髪全体の結合の異常を解消するために根元から髪全体を濡らす方が良いとされています。
また固まった結合が一旦柔らかくなるまで、濡らす時間は充分取ることが必要とされます。
その後根元から毛先にかけてブラシを通し、毛をまっすぐにさせることが基本的な処置となっています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加