くせ毛の人の寝癖のなおし方

スポンサーリンク

髪の毛にくせがあると、毎朝おきるたびにいろんなところがはねたり、うねったりして直すのが大変ですよね。
くせ毛のある人や剛毛の場合、やはりストレートの人の髪に比べて、寝癖はつきやすいようです。
寝癖をできるだけ解消するためにはどうしたらよいのでしょうか。
まず、寝る前ですが、シャワーをした後ちゃんと乾かすことが重要です。
濡れたままの状態で放置したり、半乾きの状態で寝てしまうとますますくせはひどくなってしまいます。
必ずドライヤーで髪の根元までしっかり乾かすことが必要です。
いつも同じ場所に寝癖がついてしまう人は、くせのせいかもしれませんが、枕が合わない可能性もあります。
できれば、自分にあった枕に変えてみましょう。

スポンサーリンク

次に、すでについてしまった場合の直し方です。
もしも部分的についてしまっている場合は、タオルをレンジでチンして蒸しタオルを作り、寝癖部分にしばらく当てる方法が有効です。
しばらく当てて、くしでとかしドライヤーで乾かせば大体なおるでしょう。
全体的についてしまっている場合は、蒸しタオルを頭全体に巻き、朝の支度を先に済ませてしまいましょう。
しばらくしてからタオルを取ってくしで髪を整えます。
髪の毛が長かったり、朝時間に余裕がある場合は、シャワーしてしまうのが一番確実に寝癖は直ります。
毎日そんなことをするのが面倒な人は、ストレートパーマや縮毛強制をかけてしまうのもお勧めです。
他の方法よりお金はかかりますが、毎朝のスタイリングは楽になるでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加