寝癖のつきやすい髪質について

スポンサーリンク

朝起きたら寝癖に驚いたり困った経験のある人は多いでしょう。
寝癖の原因には髪質もあり、もともと髪の太い人や硬い人、くせ毛の人などは髪に癖がつきやすいとされています。
また、髪の長さも癖がつきやすくなる原因なので、髪が短くて寝癖がついてしまうという人は少し髪を伸ばしてみると良いかもしれません。
髪の毛に何故癖がついてしまうのかということで、髪質については仕方のないことですが、自分で行うことのできる対策もあります。
髪の毛というのは、乾燥することで癖がつくものなので、しっかり乾かさずに寝てしまうとそのままの形になってしまいます。
そこで、夜お風呂で洗った後は、ドライヤーでしっかり乾かしてから寝るようにすると良いでしょう。

スポンサーリンク

寝相も髪に癖がついてしまう原因の一つとされていますが、それには寝相を良くする必要があります。
寝相を良くするためには、抱き枕を使うというのがオススメで、それによって人間にとって一番自然な体制で眠ることができるので、寝返りの回数が減り寝癖もつきにくくなるのです。
しかし、髪をしっかり乾かしてから寝たり、抱き枕を使用して寝ても寝癖がついてしまうこともあるでしょう。
そんな寝癖を直すためには、蒸しタオルを頭に巻いて髪全体を蒸らすという方法や、スタイリング剤や洗い流さないタイプのトリートメントを髪につけ、髪の根元から乾かすという方法などが挙げられます。
蒸しタオルを作るのが面倒な場合は、お湯で濡らしたタオルでも良いでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加