寝癖の原因と防止するための対策

スポンサーリンク

寝癖を作ってしまうと朝、直すのが大変です。
ですから寝癖の原因を分析し、最初から作らないように防止するための対策をしておくのが一番です。
寝癖の主な原因は、髪が生乾きのまま寝てしまうこと、もともと髪に癖があり、寝癖がつきやすい髪質であること、寝相が悪いこと、等が主な原因です。
原因ごとの寝癖を防止するための対処法や対策の仕方ですが、一つ目の髪が生乾きの場合は、シャンプー直後にしっかり乾かす事です。
髪の根元までしっかり乾かさないと、根元の癖で毛先の流れが変わるので、翌日に変な癖になってしまいます。
短時間でブローを済ませてしまうと髪の中までしっかり乾かないことがありますから丁寧にブローします。
しかし乾かしすぎても髪が痛む原因になるので、出来れば帰宅直後にシャンプーし、ブローを済ますと、就寝時間まで時間があるので、髪は十分に過不足なく乾き、朝の髪型が整った状態になります。

スポンサーリンク

二つ目の、髪に癖がある場合ですがシャンプー後のブローの際に自分の髪の癖を把握したブローをします。
いつも自分の髪をいじっていればコツが分かると思いますが、美容院に行ったときに癖を直すためのブローの仕方をプロに意見を求めるのが確実です。
三つ目の寝相の問題の場合は、寝相を変えるのは難しいので、枕を変えたり、ナイトキャップを被るのが一番簡単で確実です。
以上三つを気をつけてもまだ寝癖に悩む場合は、シャンプーやリンス、ドライヤーの買い替えを検討するのも良いです。
もしくは思い切って髪型をかえて癖のでづらい髪形にするのも一つの方法です。
特にショートヘアだと癖が出やすいので肩の長さ以上のロングヘアにすると寝癖で朝、慌てることが激減します。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加